関大からはじまる
次世代キャンパス。
無限の可能性。

グローバルスマートキャンパス構想、始動

デジタルを活用することで、
オンラインで繋がる

いつでも、どこでも、だれとでも、
共に学べる環境を創り出す

海外大学との連携による
通常カリキュラムの国際化 Global Classroomを持ちグローバル教育を進める海外大学(例:シン ガポール SP Jain School of Global Management, マレーシア University of Malaysia Pahang, 学校法人和信学園(和信サイバー大 学校))と科目を相互提供・共同履修を可能に

教育享受機会の
ボーダレスな提供

最先端のIT技術を利用した
教育コンテンツの創出

バーチャルであっても
能動的・実践的な
学習活動の実現

新たな教育環境の提供

集団授業向け教室

G.S.C.(約40㎡)

Global Smart Classroom

Type1 and Type2

対面×オンラインでの参加を可能とし、全ての参加者に一体感と、同質かつ公平な参加機会を提供

配信専用教員ブース

G.S.C. - Cubic(約10㎡)

Global Smart Classroom Teaching Cubic Space

教員授業配信用個別ブースを設置することで、各教員・各授業で一定の高いクオリティで授業を提供することが可能に。
各種ツールの利用により、教員と生徒に一体感のある授業へ。

オンライン個別授業ブース

SLS

Self Learning Space

個々の学習者がキャンパス内でも遠隔参加しやすい環境を設置。
ネット環境による授業の途切れや音声の不通をなくし、一定のクオリティの授業を履修できる環境づくりを目指す。

次世代の学びを実現する
最新システム

ワンストッププラットフォーム
「KU-GSC」 テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。
全ての関大生に学びの場を提供

教員/生徒のフルリモートにも対応
独自に開発されたソフトウェアアプリケーションで
リアルタッチの学びを実現

  • クリックすれば
    そこは“クラスルーム”

    授業参加はワンクリック
    扉を開けて教室に入るように
    ボタンを押すだけの簡単入室

  • オンデマンド学習や
    復習も可能

    授業動画は過去分も配信
    個々のペースに合わせて
    学習スタイルを選んでください

  • 使えるアプリへ
    リモートアクセス

    テストや課題もリモートで配信
    どの授業でどの課題があるのか
    整理された情報で迷わずアクセス

Smart Learning Platform テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。 搭載

アプリを使った
リアルタイムコミュニケーション

アバターを使って仮想現実空間にアクセスすることで
まるで対面しているかのようにスムーズなリアルタイムコミュニケーションが可能に

対 授業向けアプリ

ヴァーベラ

現実の教室と同じ設計にされた擬似教室を作成。
アバターとして入室し、講義・ゼミ・面談などを実施。

会話専用アプリ

オヴィス

仮想現実空間内に関大キャンパスを再現。
話したい時にアバターに近づくだけで会話できるので
より現実に近い会話が可能。

KU-GSCの取り組み
実施科目(参考事例)

GSC活用型科目

  • 化学生命工学部「フレッシュマンゼミナール」
  • 共通教養ゼミ「日本文化に触れる、異文化を考える」
  • キャリアデザイン1「日本の社会と企業」
  • システム理工学部 「グローバル PBL」
  • Skill Up for Studying Abroad 留学準備スキルアップ科目群

GSC利用海外連携型科目

  • 全学共通 「Social Entrepreneurship (PBL) 」
  • グローバル科目モジュール 2「Food Science & Biotechnology 食品科学& 生物工学」
  • グローバル科目モジュール 3「International Business & Entrepreneurship 国際ビジネス&アントレプレナーシップ」

MR・VR活用科目

  • システム理工学部「M 電気電子情報工学PBL」
  • 化学生命工学部「マテリアル工学実験2」
  • 全学共通「プロジェクト学習(アントレプレナーと考える地域活性)」
  • グローバル科目「Field-Based Learning (Society and Workplace Culture in Japan)」

メディア

グローバルスマートキャンパスの雰囲気をよりイメージしていただけるような動画をご用意しています

KU-DXのイメージ動画

副学長インタビュー

学長からのメッセージ

関大が目指すグローバルキャンパス

教育のDXとは、教育が"教室という空間的な制約から解放される"ことで、異なる文化や言語を背景に持つ学生間、あるいは学生と教師間の"学びの場と機会が提供されること"だと考えています。遠く離れた地方や海外にいる学生も、簡単に関西大学で学べる環境を作ることで、"異文化共生を学ぶのではなく、学ぶ過程そのものが異文化共生社会になっている"、そのような場を提供できるようになると思います。

KU-DXは、より対面授業に近いリアリティのある遠隔授業はもちろんのこと、異なったキャンパスを結ぶことを目指しています。 MRやVRを用いることで、さらなる活用法が生まれ、国際交流の手段としての環境もより整えられることになります。 専門教育の視点から見ると、異なる背景を持つ学生同士が、全く同じ事柄をどのように違って理解しているのかを知ることでより深い学びにつながります。

私たちは、コロナ禍を通してさまざまな新しい経験をしました。 遠隔授業の先端技術を用いて、教室に一緒にいないクラスメイトとも新たな交流を生むことができる未来がそこにあります。 我々が進めてきたCOIL型授業を、より手軽に、効果的に実現できることを期待をしています。